初の石造物「拓本展」に向けて

大竹市歴史研究会では、拓本部会という専門チームを作り、「道標」「石仏」「顕彰碑」など、ふるさと史に関わる石造物の拓本を採取しています。

毎週水曜日を採取日と定め、30数点を目標に拓本3炎天下の中活動を進めています。

採取した拓本は、11月19日から26日まで大竹市総合市民会館ロビーで開催する拓本展で展示します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です